さて、今月は色々と業務が多忙過ぎて・・・ブログを書く時間が取れない状態の結ちゃんです><

「う~ん・・・・」

「はぁ~・・・」

今年も本当に残すところ後、僅か・・・・ブログ更新が出来ないのはわたしの時間配分が上手くいっていないのも
あるんだけど、更新頻度を上げれるように今後、なんとか努力していきたいと思います。
(前にも書いたような気が・・・・(笑))

 先日というよりかなり前のお話になりますが、12月5~6日にかけて東京の新宿にあるベルサール新宿グランド
という場所にて、日本財え団が主催している就労支援フォーラムNIPPON2015が開催されました。

IMG_2113

👆新大阪駅のフォームです。去年は夜行バスで往復して腰がバキバキになりました。
腰の痛みを今回は和らげるために、ぷらっとこだまという、新幹線で行くことにさせて頂きました。

4時間以上の新幹線との闘いがまさに今・・・・始まります⇩
IMG_2119

IMG_2126

途中、静岡付近で富士山を見ることが出来ました(*´▽`*)

日頃の行いが良かったのかなぁ~・・・なんて思いつつ新幹線の景色に浸りながら落ちてしまいました。

東京駅に到着した時は・・・・腰がやはり・・・痛いと感じる今日この頃でした(;´・ω・)

東京から新宿に電車を乗り換え・・・・いざ!ゆかん(笑)

IMG_2129

ベルサール新宿の会場に向かっている途中👆

IMG_2131

IMG_2130

このフォーラムは、全国から福祉・医療の多職種が集う日本最大の就労支援フォーラムで、今年で開催2回目。
今年の内容は障害者就労支援におけるカラフルな実践内容のセッション報告がありました。
IMG_2132
IMG_2133

IMG_2135

 👆今回の参加者は全国から1500名の福祉・医療関係者が参加されたとの事でした。
 IMG_2136

13時より就労支援フォーラムNIPPON2015の開会式が日本財団の理事長より挨拶がありスタートしました。

13時15分よN15時にかけて「よい就労支援事業ってなんだろう?」という経済学や経営の視点からシンポジスト
を交えながら講義を受けました。
前厚生労働事務次官の村木厚子氏、日本IBM(株)副会長の橋本孝之氏、日本政策投資銀行常勤監査役の栗原美津枝氏、一般社団法人JA共済総合研究所調査研究部主任研究員の濱田健司氏、まとめ役に公益社団法人全国シルバー人材センター事業協会専務理事の村木太郎氏。

●市場に受け入れられる事業とは?
●社会の中で評価されるためには?
●持続可能性を保つには?
●障害者にとってよい事業とは?
●働いている従事者たちのことも大切に などパネラーのディスカッションを視聴しました。

15時15分より16時5分は「障害者就労支援の動向」と題して、厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課課長の田中佐智子氏より障害者総合支援法施行を目途とした見直しでの障害者就労支援の話や事業体系の見直し、各関係団体はどのように案を出しているのか?その現状の 方向性などを主管課である障害福祉課課長よりご報告頂き、厳しい内容の現状を突き付けられました。

16時15分より17時55分パネルディスカッションとして「もっとよくなるための経営戦略」という題材で全国各地で
活躍されているA型事業所の活動を報告など視聴しました。

今回は、奈良県からも事業所が講師として招かれておられ、一般社団法人たんぽぽの家の常務理事の方が障害者とアート作品との話 をされておられました。

と、初日はこのような感じで終了しました。

かなり耳の痛いお話が多いなか自分達に置き換えて何が出来るのか?何をしていくのか?というような題材などもあり 色々と初日から考えさせられる濃密な時間を過ごさせて頂きました。